<< 母音は母の鼓動 休暇 >>

食欲

くれないの二尺伸びたるバラの芽の針やはらかに春雨の降る     <正岡子規>
a0157554_2241421.jpg

この響きの美しい歌を詠んだ正岡子規は

食いっぷりだけは

食べることが生きることと等号で結ばれているような感じだったそうです

特に菓子パンが好きで

間食に数個以上は平らげたそうで

それらを丁寧に絵にスケッチもしています
(芸術新潮より)

a0157554_200676.jpg


若くして結核を患い

病床で描かれた「仰臥漫録」.........

でも食欲はいっこうに衰えないで

夕食のあと
a0157554_2444377.jpg

「秋の蝿 追えばまた来る 叩けば死ぬ」

の句を詠んで眠りについたそうです

35才で亡くなりました........

もっと長生きして

西洋のケーキも食べてもらいたかったひとです
[PR]
by harukob1 | 2010-04-14 03:08
<< 母音は母の鼓動 休暇 >>