タグ:想うこと ( 160 ) タグの人気記事

母音は母の鼓動

a0157554_15555380.jpg

フランスの詩人ランボーは

母音に色を発見した、と言い放ったそうです

A ...黒    E ...白   I ...赤  U ...緑   O...青
(これって意味があるのかなぁ......?)

a0157554_2275637.jpg


日本語は

すべて母音と子音の結合で成り立っているから

母音がいたるところに顔をだして

どこで止めても、長く引き延ばすと

義太夫節のようになります

独立した子音の文字を持たない日本人には

延々と母音がまとわりつきます

これを欧米人によく真似され、からかわれます
(例えば MacDonald=Makudonaludo=マクドナルド)

a0157554_1615252.jpg


福井久子の「母音」という詩の一部です

とぎれもなく続く母音は
  体内できいた母の鼓動
  踏みまよった深山の気配
  宇宙のまばたき
[PR]
by harukob1 | 2010-04-14 16:50

ヨーガ

a0157554_16124242.jpg
(春風に 怖じけずいたか 茜空    haruko)

ひさしぶりにヨーガをやりました。

ブログ作りに夢中で、後回しにしていたのです。

でも、人はなぜヨガをするのか......何がいいのか...... ?

ずっと、ブログを作りながら考えていました。

それで気 付いたのは

身体の健康だけでは人は幸せになれないから、、、、
a0157554_1621029.jpg

それと

風のないところのローソクの灯が揺らがないように

何が起きても、動揺しない心のための修行です

ヨーガポーズの練習は

心を柔らかくするのであって、

身体を柔らかくするのではない、ということです

a0157554_18554141.jpg

もうひとつは

自分のことではなくて、

全く知らない他人や、あらゆるいきもののことを

いつも、いつも、考える

ということを学ぶのだと思います
[PR]
by harukob1 | 2010-03-26 16:34

遊ぶ

春なれや 名もなき山の 薄がすみ      (芭蕉)
a0157554_0482967.jpg

今まで、いつも大きく目を見開いて歩いて来たような気がする

好奇心と感動は一対になっているから

必ず面白い事に出会う

心を遊ばせる
a0157554_23271311.jpg

ドイツ人は太陽がでると

何をさておき

皆ニコニコと、全裸になる人種です。

言葉もわからぬ外国で、

根無し草の不安感を味わうことによって

これまでとは違う自分を主張するには

何も気にせずせいぜい遊ぶ事です
a0157554_23282994.jpg

よく学ぶ前に

よく遊ぶ事は大切です

遊び方は

遊んでからでないとわからない,,,
[PR]
by harukob1 | 2010-03-22 01:22

猫のちから

a0157554_0515975.jpg

死によって封印された猫が

持っている力は

行動力と言葉を持った飼い主たちと

溶け合って
a0157554_239287.jpg

飼い主たちが

想い出を語るときの

詩的な言葉として再生され

絵や音楽にも重なってくる
a0157554_2312294.jpg

長生きした猫を看取った時

動物としての

命の最後の輝きと踏んばりを

見せられて
a0157554_2327438.jpg

悲しみよりも

静かな感動が

あたりを支配しました
[PR]
by harukob1 | 2010-03-10 23:32

魂の欧米化

世界に通用する日本人とは
a0157554_14132436.jpg

きちんとしたアイデンティティを持った人の事であって、

言葉ができる、

外国の歴史やメンタリティがよく解っている、

パソコンが自由に操れる、

などではない。
a0157554_15462974.jpg

西洋人に日本人がいわれた痛い言葉は
たくさんあるが
なかでも

   日本人は 
   草むらにきれいに咲いている 
   名もない小花には注目するが、
   その下(土の中)に根を張っている
   深い根について
   ほとんど考えていない。

   ここがいちばん残念だ。


これらはすべて

戦後一心不乱に日本人は

日本立て直しのために

頑張って近代化をはかって来たために

大切なものをなおざりにしてきたことから来る。

   *以上は五木寛之氏の言葉です*

a0157554_1773938.jpg

西洋人が、

日本人はひとりひとりの家に

教会を持っているのですね

すばらしい !

と感嘆したと聞きます。

仏壇の事です。

日本人は

魂まで欧米化しては

無理ができて不幸になるんですって、、
[PR]
by harukob1 | 2010-03-03 16:37

プルースト現象

草むらや、木の根っこの匂い、

小鳥のさえずり、ポカポカのお天気がそろうと

むかしむかしの記憶がよみがえります
a0157554_0214396.jpg

3才のころ私

大阪に住んでいたのですが

ある時

岡山の田舎に住む祖父母のところに

しばらくあずけられたことがあります。
a0157554_0225026.jpg

たぶん赤ん坊の妹が

大病をして入院していた時かも、、

毎日祖父と一緒に

知らない珍しい田舎の道をてくてく歩いて
a0157554_0234668.jpg

いろいろな祖父の知人宅を訪ねて

歌を歌わされたり

お菓子をもらったり、毎日する事がいっぱい!

いつも帽子をかぶって、

赤いクツをはいて、てくてくてくてく
a0157554_02574.jpg

何時ものように祖父と手をつないで田舎道を歩いていて

急にトイレに行きたくなり

祖父に言うと

「そんなら、ほら、そこで」と

笑いながら草むらに連れて行かれ、

「ほら、これで、、」 と

大きめで、わりに柔らかい一枚の

木の葉っぱを手渡されたのです。
a0157554_028436.jpg

祖父は酒飲みで

詩人で、遊び人で

長ーい本物の刀で鉛筆を削ってくれたり

このちょっと覚醒したような高揚感、

この記憶は何故かいつまでたっても鮮明です。

プルースト現象、、、、?
[PR]
by harukob1 | 2010-02-18 06:22

和魂、洋魂

私の銅版画(エッチング)です。

タイトルは、「男の人魚」

a0157554_2155090.jpg


私は、日本では洋画を学びました

ギリシャ彫刻の石膏デッサン、

銅版画、油絵、等々、、、

それを生かして、

イラストレーターになり

ジャズを聴きながらマンガも描いた

a0157554_21122621.jpg


35才で
ヨーロッパに移り住んでから

初めて、

日本の美術と向き合ってみた。

日本を知らない自分にあきれた!

a0157554_2181632.jpg


ぎりぎりの大胆な構図、

色彩を廃し

デフォルメし、

線の構成だけでひとの目を奪う!

a0157554_2325381.jpg


むかしから

日本人がものを作るとき

最も大切にしたものは

「作った」という人為を消すための

引き算をする、、、

a0157554_2110888.jpg


だから

引き算するから

その作品を一目見ただけでは

贅沢がばれないのだそうだ。

日本人が言うところの、

センスがいい、品がある、とはこのことだそうだ。

西洋人には洋魂、

日本人には和魂

というものが宿っているという。

生まれたときから、

先祖が細胞に刷り込んできたものが宿っているのだ。

アジア嫌いで有名なピカソですら

こっそり歌麿の春画を集めていたそうだし、

ヒントを得ています
[PR]
by harukob1 | 2010-02-12 01:34

骨董品

だいぶ前の話になりますが

a0157554_21394189.jpg


ドイツ人の 腕利きのアンティークバイヤーの
お手伝いをしていたことがあります。

そのとき、

アンティークコレクターというのは
単に作品を蒐めるだけではなくて、
それを次代に遺し、伝えて行くひとの事だなあ、、と思いました。

a0157554_21404032.jpg


約2百年くらい前の
ヨーロッパの本物のアンティークは怖い。

ロンドンのアンティークオークションハウス、
サザビースでの事です.

大きなオークションが終わり、
いつものようにさざめきと共に
たくさんの人々が出てました。

みんな、ひと癖ある感じで、
退廃的。

a0157554_214879.jpg


と、
突然、空の底が抜けたような雨が、、、
にわか雨です
(ロンドンではよくあります)

すると、
2、3人の、おしゃれな老婦人たちが外を見ていて、

" Oh! such a nice weather ! "
(まあ...! なんてすてきなお天気なの!)

気取った くせのある 
ブリティッシュイングリッシュが聞こえてきました。

裏返った高ーい声が
すこし震えています。

雨も、その声も
アンティークによく似合ってるなあ、、と思いました。
[PR]
by harukob1 | 2010-02-06 22:16

乙なこと

今日は昨日よりぐっと冷え込みます。
  
a0157554_2122392.jpg


でも墨絵にとりかかると
忘れそうな日本人の美意識というものを
熱く想うので、暖まる

日本には

「甲 乙 丙 丁」というランクがあって

トップの「甲」を嫌って

二番目の「乙」の位置で洒落たことをやる美意識を

江戸人は「乙」と言ったそうです。

オツな事をやるなあ....

a0157554_1863399.jpg
この絵も文字も妹の作です。


高貴な生まれのひとたちが
麻雀なんかの途中に、
出前で、うなぎを頼むとき、
わざと、うな重ではなくて、
うな丼にする、というのもそうかな?

うな丼のほうがおいしいから、というんであれば「乙」!
[PR]
by harukob1 | 2010-02-03 18:19

植物の感情

妹がバラのプレゼントをもらったのですが、
切り花なので、
部屋の暖房であっという間にうなだれてしまったそうです。

a0157554_18373347.jpg

で、妹は、
かなりの量のお砂糖と、ビタミンcのパウダーを
花瓶の水にザッと注いだのだそうです。

するとどうでしょう
2分くらいで、ピンと全員起立!!
a0157554_22132497.jpg

しゃんとしたのですが、
なぜかびっくりした時のような顔をしていて

硬直状態で
ずっとそのまま、、、

植物には感情があるか.....?
a0157554_22264569.jpg

植物にポリグラフ(嘘発見機)を取り付けた人がいます。

その人によると
植物がある危害を加えられた場合、
その近くの植物に合図となる物質を放射して、危険を知らせる
という現象は確認されているそうです。

生き延びるためのストラテギーですが
植物同士もコミュニケイトしてるんですね。

植物は人間の世話のお返しとして
安らぎや、満足感を与えてくれる、、、、
a0157554_2237385.jpg

むしろ植物のほうが、
人間の感情に働きかけている、、、とも言えます。

でも、妹の起立したバラは、
もう2週間も
全く変わらなく硬直したままだそうです。
[PR]
by harukob1 | 2010-01-27 22:53