<< 夏の終わりに 姪孫 >>

平成じゃなく平安の頃

a0157554_0275643.jpg


武藤くんというお友達が
今年もお手製の梅干しを送ってくれました

a0157554_1315643.jpg


今年のは紀州の南高梅で大粒でふわふわです★
今年も梅干しのある生活が出来る、、、
幸せです〜♥〜

a0157554_0351465.jpg


(以下は武藤くんから来たメールの一部です)

さて、平安時代の夫婦生活、家族制度が面白いので
少し紹介してみますね
庶民の記録が少ないので、貴族の社会のみですが、、

a0157554_040059.jpg


平安時代は
縄文時代から続く母系社会から
家父長の家を中心にした社会への過度期なのです。

a0157554_0451634.jpg


日本の古代は
子供の血筋は女の血筋のほうが尊重され
結婚式とは婿取りのこと。
女の両親が主催して、男の親は出席しません
お婿さんは、
奥さんの家、または奥さんの親の家に同居する、または通う〜♪

a0157554_0431077.jpg


セックスに関しては
すこぶるおおらか、自由です ♫
男は何人もの奥さんの家に通うし
女も亭主が通って来なくなると新しい男を見つける
2回、3回の結婚はあたり前
したがって
無責任なマザコンが多かったようです。

a0157554_055886.jpg


母系社会ですから、女の社会的地位も高く
男は全般的に女に甘えていた、とも言えます

清少納言も通う壻の無責任さを批判しています

a0157554_0584558.jpg


私たちが学校で習った古代史は、
男尊女卑の風潮の残る現代から見た古代史ですから
書き直さねばならない、と思います。

日本では卑弥呼をはじめ。
推古天皇とかたくさんの王女が出ていますが
根にあった母性信仰に頼らざるをえなかったという背景があるのです

a0157554_15776.jpg


飛鳥時代に入ってきた中国の哲学や制度は
いち早く男性社会になっていた制度で
それに飲み込まれようとしていた日本の伝統文化を守ったのは
当時のインテリ女性たちです。

a0157554_1101297.jpg


漢字を崩しに崩して平仮名を作り
漢字にはない大和言葉の微妙なニュアンスの表現を可能にしました

a0157554_1323955.jpg


追伸
巫女さんやお姫様は尊敬されていたばかりではなく
社会的責任を自覚していたので
お姫様の恋愛は一族の運命がかかっていましたから
かぐや姫の様に
半端な男の求婚をはねつける女性も多かったようです、、



ジョニーへの伝言  < 高橋真梨子とペドロ&カプリシャス>




人気ブログランキングへ
よかったらポチッとお願いネ♡
[PR]
by HarukoB1 | 2013-08-21 01:25
<< 夏の終わりに 姪孫 >>