<< 雪小町 脳内時計 >>

人生の達人たち

歌川国芳の『田家茶話 六老之図』........(1847〜52)
a0157554_1112345.jpg

江戸時代後期に

国芳によって描かれた浮世絵です

六人の老人が茶飲み話をしている画面上部に

六種の狂歌が書かれています
a0157554_104422.jpg

「手はふるふ足ハよろつく歯ハぬける
         耳ハ聞こえず目はうとくなる」


「又してもおなじ咄に子をほむる
         達者自慢にひとはいやがる」


などこれら六種の狂歌は

当時の老人たちに大歓迎されていました041.gif
a0157554_122682.jpg

「人生50年」とうたわれた時代より

当時はぐんと平均寿命が長く

七、八十才の幕臣もざらでした

若さが重んじられるのは

明治になって西洋的価値観が流入して以降のことで
a0157554_142189.jpg

江戸時代後半は

自らを笑うセンスと余裕のある

人生の達人たちが元気な時代でした001.gif

                参考資料:「御長壽美術展」板橋区立美術館
[PR]
by harukob1 | 2010-12-10 00:35
<< 雪小町 脳内時計 >>