<< イチゴのトルテ イースターのウサギ >>

ゲンセンカン主人

a0157554_2174380.jpg

朝、エスプレッソ−を作って

床にこぼしてしまった。

いい匂い、、、

と思いながら床を拭いていた時

つげ義春の「ゲンセンカン主人」が頭をよぎった。

それに続いて、

彼の他の作品の中に出てくるセリフも頭をよぎる。

「そうはいっても(漫画は)、
「漫」の字がついたら、それだけで
もう芸術にはしてもらえんのだよ」

a0157554_21194196.jpg
(「ゲンセンカン主人」の一こま。芸術新潮より抜粋)

以前 妹と帰国した際に

納戸といわれる仏壇のある部屋の隅にコレを見つけた。

日本に住む甥のコレクションのひとつ(愛蔵書)だった。

a0157554_2126834.jpg

それから毎晩

私と妹はソレを寝る前に読むくせがついてしまい、

妹はゲンセンカンを

無断でミュンヘンに持って来てしまった。

何年かのち

その甥が仕事でミュンヘンに来て

妹の部屋で、「ゲンセンカン主人」を見つけて

「あっ!......こんなところに..」と言って、日本に持って帰った。

ダンディーな甥もソレが必要なのだ。

そして、

「ゲンセンカン主人」は

ミュンヘンの乾いた空気には、なじめないようだった.........
[PR]
by harukob1 | 2010-03-17 21:43
<< イチゴのトルテ イースターのウサギ >>